沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古代執行訴訟:国、司法と国民の心証意識 和解案修正で対話演出

2016年2月13日 06:05

 政府は、名護市辺野古の新基地建設をめぐり翁長雄志知事を訴えた代執行訴訟で、福岡高裁那覇支部が提示した和解案の「修正」の検討を進めている。打開策を模索して県側と話し合う姿勢を“演出”することで、裁判所の心証を良くし、世論の反発を緩和したいとの狙いがあるとみられる。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS