イギリス北部にあるスコットランドの島で、約1億7千万年前(ジュラ紀中期)に生息していた恐竜(きょうりゅう)が残したとみられる巨大(きょだい)な足跡(あしあと)の化石がたくさん見つかりました。調査(ちょうさ)チームが3日までに発表しました。