宮古島市出身の女子プロゴルファー川満陽香理はこのほど、金秀グループ(呉屋守將会長)とスポンサー契約を結んだ。12日、金秀本社の松本眞一社長と那覇市の沖縄タイムス社を訪れ、報告した。期間は3月から1年間で、金秀の企業ロゴが入ったキャップやキャディーバッグを使ってトーナメントに出場する。