「学校欠席者情報収集システム」で学級閉鎖や感染者数が共有できる これまでは保健所に確認していたため約10日のタイムラグがあった 国立感染症研究所が開発。早期対策により感染拡大が半減した地域も