2017年に沖縄県内で着工された官民の建築物の工事費総額(着工前の見積額)は、前年比12・2%増の4994億円となり、1972年の日本復帰以降の過去最高を更新した。