■大見謝恒太(こうだい)さん(24) 沖縄小林流拳士会総本部

 沖縄小林流拳士会総本部の門下生。さまざまなスポーツを経て、今も空手の鍛錬を続けている。「知らないことがまだまだ多い」と探求心が尽きない。

大見謝恒太さん

 178センチの身長に長い手足、大ぶりな拳。恵まれた体格はさまざまなスポーツで鍛え上げられた。6歳から空手、中学は野球部、高校は柔道部で副主将まで務めた。

 「時期によって空手の熱の波があった」というが、就職2年目の多忙な今でも道場に毎週足を運ぶ。「子どもたちがかわいいし、先生や先輩に恩返ししたい」と顔をほころばせた。