沖縄タイムス+プラス ニュース

米ジュゴン訴訟とは…? これまでの経緯

2018年4月18日 15:55

 ジュゴン訴訟は2003年、日米の環境保護団体やジュゴン自身が原告となり、米国防総省を米連邦地裁へ提訴して始まった。中間判決では「ジュゴンは県民にとって文化的、歴史的にも重要で、国家歴史保存法(NHPA)の適用が認められる財産だ」と判断。国防総省の棄却申し立てを却下し、実質審理に入った。

「考慮する」手続き

 連邦地裁は判決で、ジュゴンへの悪影響を回避、軽減するため「考慮する」手続きを取るよう国防総省に命令。だが、12年2月に日本のアセスが継続中であることや、民主党政権下で新基地建設の進展が「ほど遠い状態にある」ため裁判は一時休止となった。

 この間の10年3月に、「考慮する」手続きの一環で、国防総省の専門家がジュゴンの調査報告書をまとめていたことが今回、明らかになった。

◆審理を差し戻す

 14年4月に国防総省は「推奨報告書」を提出し、地裁に求められた手続きを「完了した」とした。同7月には沖縄防衛局が工事に着手。原告団は工事の中断を追加で申し立てたが15年2月、連邦地裁は「外交問題である基地工事の中断を命じる法的権限はない」として退けた。

 同4月、原告団が連邦地裁の判決を不服とし、控訴裁判所に控訴。17年に控訴裁判所が原告適格を認め、審理を差し戻す判断を下した。

 今年に入ってから、稲嶺進前名護市長が訴訟の「利害関係者」だと表明。翁長雄志知事も、表明する意思を示しており、県は訴訟の利害関係者としてジュゴン保護について協議するよう求める文書を月内に米国防総省に送付する。

 

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
2020 DIYライフフォトコンテスト 一般審査受付中‼
皆様のご投票をお待ちしております。
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
沖縄タイムスアカデミア
沖縄タイムスアカデミア
一流の講師陣による少人数の連続講座。同じ志を持つメンバーと実践的なテーマを学びませんか!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
新聞記者の取材によるグルメサイト
新聞記者の取材によるグルメサイト
沖縄タイムスの取材による豊富なグルメ記事を掲載。マップから近くのお店を検索できます。参加飲食店募集中!
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
ちゅらグルメ×オリオンビール 飲食店応援プロジェクト【PR】
特設ページ「お店の味をおうちで楽しもう!テイクアウト&デリバリー」の登録店と人気メニュー、店主らの思いを紹介します。
乗り切ろうコロナ みんなのエール
乗り切ろうコロナ みんなのエール
新型コロナウイルス 危機を乗り越えるメッセージと写真を募集しています。 皆様のことばをお待ちしております。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
沖縄タイムス社 採用情報
沖縄タイムス社 採用情報
定期採用試験の見送りと社会人採用の一時中断のお知らせ