沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄最強の公務員ランナー世界へ ロンドンマラソン挑む濱崎達規 五輪の道再び

2018年4月21日 05:26

 沖縄県勢2選手、大舞台へ-。22日にロンドン市街のコースで行われるロンドン・マラソンに濱崎達規(29)=南城市役所=と、同日に合同開催で行われるワールドパラアスレティクスワールドカップの車いすの部に喜納翼(27)=タイヤランド沖縄=が出場する。共に同大会への出場は初めて。各国の有力選手が出場する世界最高峰の大会での活躍を誓った。(新垣亮、我喜屋あかね)

ロンドンマラソンに向け調整する濱崎達規。2時間13分以内を目標にする=黄金森公園陸上競技場(我喜屋あかね撮影)

持久力アップのためのトレーニングに取り組む喜納翼=北谷公園陸上競技場(金城健太撮影)

インタビューに答える喜納翼

ロンドンマラソンに向け調整する濱崎達規。2時間13分以内を目標にする=黄金森公園陸上競技場(我喜屋あかね撮影) 持久力アップのためのトレーニングに取り組む喜納翼=北谷公園陸上競技場(金城健太撮影) インタビューに答える喜納翼

調子上々、大舞台に挑む…濱崎達規

 男子マラソンの濱崎達規は、初めてフルマラソンに挑戦した日のことを思い返す。実業団の小森コーポレーションに所属し、25歳で挑んだびわ湖毎日マラソン。けがをした膝は完治しておらず、監督から出場辞退を進められたが、2時間19分台で完走。2度目のフルマラソンとなった東京マラソンで、2時間12分12秒を樹立した。

 「どん底に落ちたやつって、ストーリー的にも上がってくるんですよね」。1年間の集大成として挑んだ今年2月の東京マラソンは、左ふくらはぎを痛めて3キロ地点で無念のリタイア。「途中リタイアしないことが信念」だった競技人生で初の途中棄権。やりきれなさも、もちろんある。だが「諦めるつもりもない。これからも競技を続ける強い気持ちが出てきた」。

 昨年4月に沖縄に戻り、南城市役所で勤務する日々。午前6時25分に起床して早朝練習。定時に帰宅し、午後10時まで練習する。残業もあり、昼休憩の合間に車内で取る仮眠が至福の時だ。朝起きて「地獄の一日が始まる」と思うこともあるが「今の生活が楽しくてしょうがない」と充実した表情を浮かべる。

 日々の成果も結果として表れてきた。昨年4月の長野マラソンで2時間15分49秒で県記録を樹立。8カ月後の防府読売マラソンで2時間11分26秒とさらに更新した。

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」出場を目指し「生涯で1回しか開催されないはず。なんとか勝ち取りたい」。ワイルドカードでの出場権獲得を目標に、19年4月30日までに対象の競技会で2時間10分34秒以内での完走を誓う。

 ロンドンマラソンはサポートを受けるニューバランスジャパンの招待を受けて出場する。モハメド・ファラーら世界の強豪を相手に、2時間13分以内を目指す。「何が何でも結果を狙い死にものぐるいでやる。復活ののろしを上げたい」。並々ならぬ決意を胸に世界の大舞台に挑む。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS