辺野古新基地建設への土砂搬出に反対する熊本県連絡協議会のメンバー7人が16日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前を訪れ、座り込む市民ら約60人を激励した。協議会の生駒研二事務局長は「共に頑張りましょう」と呼び掛けた。