育児休業中の親を経済的にサポートする制度の一つに、育児休業給付金がある。子が1歳(最大で1歳6カ月)になるまでの間、雇用保険から給付金が支給される。上手に活用して育休期間を乗り切りたいが、沖縄県内では経済的な理由で育休を早めに切り上げたり、男性の利用が伸び悩んだりする現状もある。