「発作的に繰り返される議論と交代、沖縄内の政治問題が、私や他の委員の不満の要因となっている」  今月3日。米上院軍事委員会が開いた公聴会で、マケイン委員長は静かだが批判を込めた口調でいら立ちをそう表現した。