【南城】草刈り道具を開発し、年に30回以上清掃活動に取り組む南城市佐敷新開の大城克則さん(67)が地域で話題だ。体力づくりのためのウオーキングコース確保と、発明好きが研究のきっかけ。地元区長は、「自主的に活動してもらい、ありがたい」と感謝する。