沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:サンゴ保護・4重に汚濁防止枠 防衛局が検証せず実施

2018年4月20日 07:43

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設での「K4」護岸建設を巡り、沖縄防衛局が埋め立て予定地の外にあるヒメサンゴの移植をせず、汚濁防止枠を2重から4重に増やして工事を進める計画で、実際の効果検証をしないまま実施することが19日、分かった。前例のない工法にもかかわらず、具体的なデータを得ないまま作業を進めることに対し、識者からは「何重にも汚濁防止枠を設置したら、土砂が漏れないというのは乱暴な考えだ」と防衛局の主張を疑問視する声が上がった。

(資料写真)建設作業が進む「K4」護岸=9日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 9日に開かれた第14回環境監視等委員会の議事録で明らかになった。防衛局は追加の汚濁防止枠の設置時期について、本紙取材に「工事の進捗(しんちょく)状況は答えられない」と明言しなかった。

 議事録によると防衛局は委員に対し、汚濁防止枠を増やすことについて「ここまで多重化して施工した実績はない。3重、4重で施工する例は把握していない」と説明。その上で、計算式によるシミュレーションで護岸工事に伴う水の濁りの影響が環境保全目標値の「2ミリグラム毎リットル」に及ばないとの結果が得られたとし、「移植しなくとも護岸の施工が可能と判断した」と述べた。

 ある委員は「汚濁防止枠はダム貯水池の濁水防止で使われており、かなり効果がある。海岸での工事でも効果があるだろう」などと紹介。異論は出ず、委員会として了承した。

 日本自然保護協会の安部真理子主任は「ダム貯水池と海岸での工事は状況が全く違う」と批判。「気候や海流は予測ができない。前例がないのであれば、同じような状況を作って実際に検証する必要がある」と強調した。県は「シミュレーションだけというのはおかしい」と指摘。サンゴを移植せずに工事を進めることは環境保全措置の変更に当たることから、知事からの変更承認を得る必要があるとの考えを示した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
今日もガッツリ!運転手メシ「お肉の名店」特集
運転手メシ特別企画「お肉の名店」特集です。夏こそ!ガッツリ!食べて!元気チャージ!!
高校野球
高校野球
第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会(6月22日~)の全試合をイニング速報します。
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします