19日は二十四節気の「雨水」。暦の上では厳しい寒さが次第に緩み、雪解けのころとされる。 南城市玉城の奥武島では18日、青々と成長したアーサ(ヒトエグサ)が海岸の岩場一面に広がり、暖かい陽気の中、アーサ採りを楽しむ姿があった。