昨年11月に宜野湾市で開かれた国際食品商談会・第2回沖縄大交易会(主催・同実行委員会)で、買い手(バイヤー)側から見た商談成約率は前回より1・7ポイント減少の3・7%、成約見込みを含めると、2・9ポイント減少の24・3%だった。成約・成約見込みの合計金額も27・2%減の1億3119万円。