経済的に厳しい状況にあるひとり親家庭を支援しようと、宜野湾市が2016年度に、原則1年間の家賃補助をしながら就労や子育てを支援する新たな取り組みを始める。初年度は児童扶養手当受給者ら5世帯が対象で家賃補助の上限は月6万円。