インフルエンザの流行で沖縄・中部の救急医療体制が危機的状況に 県立中部病院など救急対応4院の病床稼働率が100%を超える日も 重症者の治療に影響するため、早めの診療所受診などを求めている