沖縄空手

沖縄空手三大流派の一つ「上地流」、開祖の偉業を後世に 上地完文の銅像を建立

2018年4月22日 13:23

 沖縄空手三大流派の一つとされる「上地流」開祖・上地完文(1877~1948年)の功績を顕彰する銅像建立除幕式が21日、生誕地である本部町の八重岳「桜の森公園」内で開かれた。ひ孫で4代目宗家の上地完尚(さだなお)さん(46)をはじめ、各会派や町関係者ら約550人が集まり、お披露目を祝った。

銅像建立を喜ぶ上地完尚さんや高良文雄町長ら=21日、本部町・桜の森公園内

 銅像は完尚さんを委員長とする町観光協会などでつくる委員会で建立。空手開祖の立像は県内初という。

 式では完尚さんの弟完司さん(44)、完友さん(37)、おじ完正さん(66)が伝統の型「三戦(サンチン)」を奉納。各会派で一斉に「完子和」の型を演武し、偉業をたたえた。

 完尚さんは「地域の人を励ますシンボルとして、町や沖縄空手界の発展に寄与することを願う」と感謝。高良文雄町長(70)は「町の偉人の歴史の一端を後世に残すことができることは大きな喜び」と話した。

上地完文の銅像建立を喜ぶ上地完尚さん(右から3人目)や高良文雄町長(左端)ら=21日、本部町・桜の森公園内

【全沖縄少年少女空手2018】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真約987枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS