沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県の翁長知事、検査手術終える きょう復帰見通しなど説明

2018年4月23日 07:50

 膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかり、休養している沖縄県の翁長雄志知事について、県関係者は22日、知事が21日に浦添総合病院で検査のための手術を受けたことを認め、23日に手術内容や公務復帰の見通しなどを報告すると明かした。

翁長雄志知事

 知事が治療に専念するため、入院中に職務代理者を置くかどうかについては「急なことなので、県庁内で協議することになるのではないか」との見通しを示し、否定しなかった。

 関係者によると、腫瘍が良性か、悪性かなどを判断し、今後の治療方法を決めるための検体採取の手術を受けたとみられる。

 23日の県幹部会議後、県幹部が記者会見を開く予定。最終的な検査結果ではなく、検体検査を受けているという現状報告にとどまる見込みという。

 翁長知事は手術の際の麻酔から覚め、会話のできる状態という。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS