沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:ゲート前に市民ら500人 資材搬入5時間止める

2018年4月23日 14:23

 辺野古新基地建設に反対する「500人集中行動」が23日、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で始まった。目標を上回る人数が集まり、午後2時現在、5時間にわたって資材の搬入を止めている。

座り込みで抵抗する市民を強制排除する機動隊=23日午前9時20分ごろ、名護市のキャンプ・シュワブゲート前

 機動隊が座り込みの市民を強制排除するものの、市民側は午後にかけて人数が増え続けており、追いついていない状況。ダンプ3台だけが基地内に入った。

 集中行動は28日までの6日間を予定。政府が夏にも沿岸部に土砂投入を計画する中、市民側は「奇跡の6日間」にすると強調している。

 沿岸部では23日、目立った工事はしていない。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS