沖縄・基地白書

沖縄・基地白書(23)「基地が攻撃された」鳴り響く爆発音とサイレン 住民おびえさせる即応訓練

2018年5月17日 06:25有料

◆第1部 被害 嘉手納町(6) 嘉手納町周辺の住民が「戦闘機の騒音や悪臭などとは、質の異なる負担」と感じる訓練がある。極東最大の米軍施設といわれる嘉手納基地が、ミサイルなどで攻撃を受けたことを想定した即応訓練だ。 「ドドーン、ドドーン」と大きな爆発音とともに発煙筒の煙に包まれる。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間