就学の有無が分からない外国籍の子が県内11市町村に136人 基地所在地に多く、8市町村は「義務ない」と追跡調査せず 基地内への通学などが考えられるが、学ぶ権利放置の恐れも