沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では24日、早朝から新基地建設に反対する市民ら約500人が座り込んで抗議した。  宮城や神奈川、北海道など県外からも多くの人が足を運んだ。マイクを握り「東北では今も原発事故による放射能被害がある。