沖縄県内の第7週(15~21日)のインフルエンザ患者の定点医療機関当たり報告数は、八重山地区で前週の2・3倍の91・33人に急増した。1~9歳までが全体の6割超。14歳以下まで対象年齢を広げると8割以上を占めている。