戦没者遺骨収集を「国の責務」と位置付け、収集を推進する法案が今国会で成立する見通しとなった。遺骨収集ボランティアや身内の遺骨を探し求める遺族からは、歓迎の声とともに、遺骨が遺族へ結びつく具体的な取り組みを求める意見も上がる。