沖縄タイムス+プラス ニュース

豊見城市長選:与党11市議が現職不支持 SNS・人事を疑問視

2018年4月25日 06:10

 沖縄県豊見城市議会与党の豊政会(7人)、声論会(4人)の議員らが25日、市内で記者会見を開き、10月14日に投開票される同市長選で、現職の宜保晴毅市長を支持しないことを発表する。市議らは同時に、新たな候補者擁立に着手する方針も表明する予定だ。

宜保晴毅氏

 同市議会は定数24、欠員1。最大会派の豊政会、声論会を含み与党は現在14人、野党7人、中立2人の構成となっている。与党14人のうち両会派の11人が会見に出席。宜保市長の後援会退会脱会も明らかにする予定だ。

 市議は「市長の政治倫理には問題がある」としてSNS(会員制交流サイト)の使い方や副市長の解職などを問題疑問視している。

 一方、宜保市長は、正式な出馬表明はしていないが、3期目に意欲を示している。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS