【東京】中谷元・防衛相は25日の衆院予算委員会分科会で、米軍普天間飛行場の返還時期に関し、現行計画通り2022年には可能との認識を示した。ハリス米太平洋軍司令官が上院軍事委員会で示した、返還の前提条件となる辺野古新基地の完成が25年になるとの見通しを、日本政府として打ち消した形だ。