湾岸戦争後のペルシャ湾で機雷を撤去するため、海上自衛隊の掃海部隊6隻が横須賀などから出港した。訓練以外では初めての海外派遣。