政府は24日、小中学校の夏休みの一部を地域ごとに春や秋に分散させる取り組み「キッズウイーク」を導入したり、実施を予定していたりする自治体が都道府県では15%、市町村では9%にとどまるとの調査結果を公表した。官邸で開かれたキッズウイーク推進に関する第2回会合で明らかにした。