辺野古代執行訴訟で稲嶺進名護市長が、29日の第5回口頭弁論の証人尋問に臨む。新基地をめぐる国と県の三つの訴訟で、名護市長が証言台に立つのは初めてだ。尋問に先立ち、福岡高裁那覇支部に提出した陳述書の要旨は次の通り。