名護市辺野古の新基地建設をめぐり国と県で起きた訴訟の意義と現状を訴えようと、全国の行政法学者ら12人でつくる辺野古訴訟支援研究会は28日、、緊急シンポジウム「辺野古裁判で問われていること」を那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハで開いた。