名護市辺野古の新基地建設をめぐる代執行訴訟と係争委不服訴訟は29日に福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)で口頭弁論がある。代執行訴訟では稲嶺進名護市長の証人尋問があり、国が地元の名護市や沖縄県の理解を得ないまま新基地建設を強行することは民主主義に反すると訴える。