名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは27日、米軍キャンプ・シュワブゲート前で、5日目の「500人集中行動」を展開した。午後1時までに県警機動隊による強制排除が2回あった。ゲート前では約300人が座り込み、基地内に入る車を約30分間止めた。 機動隊は早朝から100人以上の隊員を動員。