刑法学者らでつくる「司法情報公開研究会」は26日、オウム真理教による一連の事件などの裁判記録が将来にわたって保管されるよう「刑事参考記録」に指定することを上川陽子法相に請願した。代表の一人のジャーナリスト江川紹子さんは「オウム事件の裁判が全て終わり、記録がどうなるのか心配だった。