沖縄タイムス+プラス ニュース

【深掘り】辺野古代執行 和解望み薄 双方妥協点なし

2016年3月2日 05:00

 名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認を翁長雄志知事が取り消したことを受け、国が県を相手に起こした代執行訴訟で、和解勧告の行方に注目が集まっている。福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)の提示した「根本案」と「暫定案」のうち、県側の竹下勇夫弁護団長は「暫定案」に絞って協議すると明言した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS