沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄戦で義務教育受けられず 県が学び直し支援の延長検討

2016年3月2日 12:56

 沖縄県議会2月定例会は2日午前、4日目の一般質問があり、中学教育の未修了者の学び直し支援事業について、諸見里明教育長が「次年度も就学中の方がおり、事業の延長を検討している」と述べた。

 事業は、沖縄戦の戦中戦後の混乱期に義務教育を受けられなかった未修了者に、中学教育の学び直しの機会を提供するもの。2011~14年度に実施する計画だったが、支援継続の必要性から15年度まで事業を延長していた。

 また、沖縄本島周辺離島8村の水道広域化について、平良敏昭企業局長は用水供給の開始時期を「17年度に粟国村、渡名喜村、18年度に南大東村、北大東村、20年度に渡嘉敷村、座間味村、伊平屋村、伊是名村を予定している」と説明した。

 ともに狩俣信子氏(社民・護憲)への答弁。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS