【平安名純代・米国特約記者】ハリス米太平洋軍司令官が米上下両院軍事委員会の公聴会で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設が予定よりさらに遅れ、2025年になる見通しを証言した。日本側は米軍高官の「本音論」を即座に否定し、計画は予定通りと強調するなど波紋を広げている。