那覇市のアートギャラリー青砂工芸館代表の安元實(みのる)さん(73)は仕事の合間、ギャラリー内の広間を道場代わりに、柱をマチワラに見立てて鍛錬を続ける。「一度身に付けた武術や学問は、戦争はもちろん、だれにも持っていかれることはない」。亡き母、基佐子(きさこ)さんの教えを今も大切にしている。