三線の魅力を発信する「さんしんの日」のイベントが4日、読谷村の鳳ホールをメーン会場に始まった。正午から1時間ごとにラジオの時報に合わせて、来場者やリスナーが「かぎやで風節」を演奏する。主催は琉球放送、共催は読谷村と沖縄タイムス社。