粟国空港で昨年8月、第一航空(大阪)の双発プロペラ機DHC6が滑走路を外れてフェンスに衝突し乗員乗客11人がけがをした事故で、国土交通省大阪航空局は4日、パイロットの訓練記録を改ざんし業務にあたらせたり、速度が十分に落ちない不適切な形態で着陸を繰り返したとして、同社に事業改善命令を出した。