【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設予定地の辺野古沖では7日午前、沖縄防衛局の海上作業は確認されなかった。同問題をめぐる代執行訴訟で国と県の和解成立後、初の平日となった7日、コンクリートブロックを載せた大型船と海底掘削調査用の船には作業員の姿があった。