翁長雄志知事は8日午前、県議会(喜納昌春議長)の本会議で、名護市辺野古の新基地建設を巡る一連の訴訟で国と和解した内容を報告した。翁長知事は、和解条項の及ぶ範囲が埋め立て承認取り消しに関わる代執行訴訟と県が国を訴えた係争委不服訴訟の2訴訟に限られると答えた。