沖縄タイムス+プラス ニュース

甲子園の名将、知られざる本音 沖縄水産・栽弘義監督が残したノート

2018年5月14日 05:00

9秒でまるわかり!

  • 栽弘義監督が沖縄の高校野球を強くした秘訣は日々のノートだった
  • 対戦相手の分析から選手への注文、試合の経過などを詳細にメモ
  • いつも尻ポケットにあり、大野倫さんは「24時間野球を考えていた」

 〈同じ少年なのだ、皆弱いんだ。〉古いB5判のノートにつづられた文字。1991年8月21日、沖縄水産高校が甲子園で2年連続準優勝を遂げた夏、故・栽弘義監督が、大阪桐蔭に逆転負けした決勝戦のベンチで書き記した言葉だ。練習でも試合でも、名将がいつもユニホームの後ろポケットに二つ折りに差し込んでいたノートには、試合経過や対戦相手の情報、練習メニューや選手への思いなどが残されている。沖縄の高校野球を全国区へと押し上げた“栽野球”の全てが詰め込まれた貴重な資料だ。

栽弘義監督が、練習や試合時に書き留めたノート。選手の状態や試合展開が細かく記されている=12日、那覇市の県立博物館・美術館

ベンチで指示を出す栽弘義監督=1990年8月21日、甲子園球場

栽弘義監督が、練習や試合時に書き留めたノート。選手の状態や試合展開が細かく記されている=12日、那覇市の県立博物館・美術館
ベンチで指示を出す栽弘義監督=1990年8月21日、甲子園球場

 同校野球部の部長として栽さんと7年間を過ごした當銘和夫さん(68)は「さっと尻のポケットから取り出し、大きな文字でババっと書いていた。多いときは1カ月に3、4冊使っていたから、100冊以上はあるんじゃないか」と振り返る。

 〈バントの構えでスティールあり〉〈カーブそれほど大きくない〉など対戦相手の分析から〈脇をしめて前で叩いていない〉〈攻守の交代は元気よく〉など選手への注文、試合ごとの詳細な経過も残る。さらに〈ゆっくりやろう 笑ってやろう〉〈頑張れよ延長戦〉〈ファインプレー!〉の言葉もあれば、〈いいかげんなプレイ〉〈最低〉など選手へのいら立ちや不満も吐き出されている。

 91年夏決勝のページは〈大野全て高めのB けんせいも出来ず〉で終わる。右肘を剥離骨折しながら投げ続けた大野倫さん(45)は、久しぶりに目にした恩師のノートを2時間近くかけて読んだ。甲子園練習から決勝戦まで細かく記され「当時の映像が頭に鮮明に浮かんで、フラッシュバックしました」。

 栽さんの野球人生が詰まった内容に「僕も指導者ですが、あの場面で栽先生はこう考えていたのかと。それは決して古くなく、今も手本となるもの。24時間ずっと野球のことを考えていたんですね」と懐かしんだ。(運動部・儀間多美子)

 ◇     ◇

 沖縄の高校球史を当時の資料や新聞、映像で振り返る「熱闘 高校野球 本気の夏 100回目」が6月5~7月8日、県立美術館・博物館で開かれる。栽監督が残したノートの中から2年連続準優勝の年を中心にした6冊も公開される。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

サクッとニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS