米保険大手のAIGグループ傘下のアメリカンホーム医療・損害保険(東京)がグループの事業再編に伴い、保険商品の新規販売を終了するため、那覇市内のコールセンターで働く正社員137人が4月1日から離職を余儀なくされることが8日分かった。沖縄労働局は同日、緊急雇用対策推進本部を設置。