東日本大震災の発生から今年で5年。地震、津波で甚大な被害のあった宮城、福島、岩手の3県の出身者らでつくる各在沖県人会は、被災地や沖縄に避難してきた人たちの支援活動を続けている。現在の取り組みや復興の歩みについて各県人会長の思いを紹介する。