東日本大震災の影響による沖縄への避難者数はピーク時(2012年2月)の1062人から減りつつあるが、依然707人(ことし2月時点)が県内で生活している。福島県が避難者の帰還に向けた支援策に移行し、県も被災地の意向に沿う形で、帰還支援に比重を移す。