沖縄タイムス+プラス プレミアム

PFOSの有害性、米軍は1997年に認識か 日本へ通報せず使用継続

2018年5月17日 07:31

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】米軍基地周辺の地下水から高濃度の残留性有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)が検出された問題で、在日米海兵隊が約20年前からPFOSを含む泡消火剤の有害性を認識していたとみられることが、米軍内部文書で分かった。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS