県内の多くの公立中学校で12日、卒業式が行われた。23日にかけて約1万6千人の卒業生が学びやに別れを告げ、人生の新たなスタートを切る。  那覇市の安岡中学校(比嘉俊博校長)では、63期生の227人が家族に見守られながら卒業証書を受け取った後、お世話になった恩師一人一人と温かい握手を交わした。