JAおきなわ(砂川博紀理事長)は12日、那覇空港貨物ターミナルで、日本航空(JAL)の羽田行き臨時便に彼岸用の大菊やスプレー菊など計1800ケースを積み込んだ。13日と15日の2便で計3600ケースを輸送する。 JAおきなわの3月のキク類出荷計画は12万3千ケース。