球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

「強豪沖縄」全国が認識 1976年夏、豊見城の8強

2018年5月25日 18:00

 1975年夏の全国高校野球選手権沖縄大会は、波乱が待っていた。大本命は、その年の選抜で8強入りした豊見城。だが準決勝でコザに3−4で敗れ、春夏連続出場を逃した。当時2年生だった岸本幸彦主将(59)は「全員が甲子園に行けると思っていた。足をすくわれた」と振り返る。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS